banner

お葬式の前に弔問も

亡くなった方が親族や生前親しくしていた友人であれば、訃報を聞いた段階ですぐに弔問に訪れた方がいいでしょう。弔問に訪れた際の立ち振る舞い方について、以下で詳しく説明します。

弔問に訪れたら、まずは遺族の皆さんに対してお悔やみの言葉を伝えます。そのうえで、何かお手伝いできることがあれば何でもおしゃってくださいねと、手伝いを申し出ましょう。お願いされれば、お手伝いをしましょう。特別必要ないと言われた場合には、では改めてお通夜にうかがわせていただきますといっていったん辞去しましょう。また、もし親族すべてに連絡できていないようであれば、その手配を引き受けるのもいいでしょう。

仕事などの関係もあって、どうしてもお葬式の日に参列できないというケースもあるかもしれません。その場合には、弔電を打ったうえで後日弔問するのがマナーです。弔電のタイミングですが、お葬式の前日までに届くように手配しましょう。お葬式に参列できる方が近くにいれば、その方を代理人として参列してもらう方法もあります。

親しい間柄にあれば、お葬式の前にできるだけ速やかに弔問に訪れましょう。遺族の皆さんは悲しみに暮れているので、相手の気持ちを考えてあまり話し込まずに簡単なあいさつで辞去するのが一般的です。

Copyright©2018【お葬式のマナーを把握しよう】 All Rights reserved.